一般歯科

基本的な診療は保険診療で行っております。

虫歯とは?

虫歯とは、口内の細菌が作る歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう感染症です。 虫歯はケガなどと異なり自然に治ることがなく、放っておくと症状はどんどんと悪化してしまいます。

そのため、状態の好ましくない場合は歯を削ることもやむを得ません。 でも、なるべくなら歯は削りたくないですよね?

そのためにも、まずはお口の中の衛生状態をしっかりと管理し虫歯や歯周病がこれ以上悪くならないようにしましょう。悪くなってしまったところは、最小限の治療を行っていきます。

虫歯の進行段階と治療方法について

虫歯は通常、程度によってC0~C4の段階に分類されます。

C0: 脱灰

虫歯治療 C0: 脱灰この段階の虫歯に自覚症状はなく、痛みもありません。適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治すことができます。

C1: 歯の表面(エナメル質)の虫歯

虫歯治療 C1: 歯の表面(エナメル質)の虫歯痛みは少ないですが、放っておけば虫歯が悪化してしまう状態です。 この段階の虫歯は、エナメル質を一層削り、コンポジットレジンというプラスチック系の材料を詰めて治療します。

C2: 歯の中(象牙質)の虫歯

虫歯治療 C2: 歯の中(象牙質)の虫歯冷たいものや甘いものを食べたり、飲んだりしたときに、染みる・痛むなどの症状が出てくる段階です。治療は虫歯の部分を削り、主に部分的な詰め物(インレー)で保護します。

C3: 神経まで進行した虫歯

虫歯治療 C3: 神経まで進行した虫歯この段階までくると激しい痛みが生じます。神経を取る治療が必要となる場合もあります。神経の治療後、全体的な被せ物(クラウン)を装着し、患部の保護を行います。

根管治療(神経の治療)についてはこちら
審美歯科(被せ物や詰め物)についてはこちら

C4: 歯の根まで進行した虫歯

虫歯治療 C4: 歯の根まで進行した虫歯歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまるため、抜歯が必要となる場合があります。抜歯後は「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」などの選択肢があります。

入れ歯・ブリッジについてはこちら
インプラント治療についてはこちら

虫歯治療後の予防管理について

虫歯は治療が終了した後も再発することがあります。 そのため、治療後は特にお口の健康管理をしっかりと行いましょう。当院では、治療した歯や歯茎の状態の検査・メンテナンスに加え、お口全体のクリーニング(PMTC)を行うことで患者様の口内環境を清潔に保つお手伝いを致します。

また、歯科医院での定期検診だけでなく、老後にも健康な歯を残していくためにも患者様ご自身による自宅でのケアも必要となります。歯科医院とご自宅での日々のケアを通じて、お口の中を清潔に保つ意識を身につけましょう。

酒々井東デンタルクリニック

所在地

〒285-0923 千葉県印旛郡酒々井町東酒々井1丁目1-47
※無料駐車場あり
050-5264-5287

ご予約・お問合せ

診療時間

日祝
9:00~13:00
14:30~17:00
14:30~19:00

[火~金] 9:00~13:00/14:30~19:00  
[土] 9:00~13:00/14:30~17:00
月・日曜日、祝日は休診となります。 ※祝日週の振替診療あり