小児歯科

お子様の歯を守るために私たちのできること

あきやま歯科医院 院長 秋山雄一郎お子様が乳歯は成長の過程でいずれ永久歯へと生え替わっていきますが、乳歯が虫歯になっても生え替わるから大丈夫、というわけでは決してありません。

乳歯の頃の虫歯は永久歯に大きく影響を与えるのです。 当院ではメンテナンスを中心とした診療システムを活用し、お子様への予防治療に力を入れています。

お子様の将来の健康な歯のために、しっかりと予防を行っていくことが大切です

デリケートなお子様の歯 ~乳菌の特徴~

乳歯は永久歯と比べて・・・

1. 歯のエナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすい特徴があります。

2. 虫歯の進行も早くなります。

3. 永久歯よりも歯の中にある歯随(歯の神経) の占める割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷めてしまう可能性が高くな
 ってしまいます。

これらの理由より、お子様の歯はご家庭でのこまめなケア・歯科医院での定期的なメンテナンスでしっかりと健康管理してあげるように心がけましょう。

お子様の歯が永久歯へ生え変わるまでの流れ

あきやま歯科医院 院長 秋山雄一郎お子様の歯が最初に形成されるのはお母さんのお腹の中にいるときからで、妊娠2~3ヶ月になるとすべての乳歯の芽(歯胚)が揃います。そして、乳歯自体は生後 6ヶ月頃から生え始め、3歳頃にはほぼ全て(全部で20本)生え揃います。

ただし、成長には個人差がありますので、この時期にすべて生え揃わなくても心配する必要はありません。 その後、4~6ヶ月で石灰化し始め、顎の骨も変化し、乳歯は永久歯へと生え替わります。 6歳頃になるとアゴの一番奥から「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。

この6歳臼歯は永久歯の中で1番大きく、他の歯と比べて噛む力が強いことが特徴です。しかし、他の永久歯のように歯が抜けたところから生えてくるわけではないので親御さんが気づかないことが多く、さらに乳歯の奥に生えてくることから、溝が深く、ブラッシングが不十分になりがちとなり最も虫歯になりやすい歯とされています。

6歳臼歯を虫歯にしないためには、ご自宅で気を付けることはもちろんのこと、歯科医院でも定期管理を行ってもらうことをオススメします。

Column 
~お母さん、お父さんに知ってほしいこと~

お子様のお口の環境にはお母さん、お父さんの口腔内の環境が少なからず影響を与えます。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいませんが、残念なことに愛情表現である口移しや飲み回し、キスなどから虫歯菌がお子様に感染していきます。その他…

1. くしゃみ
2. 同じお箸やスプーンで食べる
3. 温かい食事をフーフーして食べさせる
4. むし歯菌がいるお友達がなめたおもちゃ等をなめる

などの経路からお子様はむし歯菌に感染していき、普段の生活の中でむし歯菌をお子様に全く移さないことは ほぼ不可能といえます。
ただし、お口のメンテナンスを行った母親のグループは何もしなかった母親のグループに比べ、お子様の「虫歯菌感染率」が30%近く抑えられたという実験結果もありますので、大人が「移すむし歯菌の量をなるべく減らすこと」を意識して行えばお子様のむし歯感染の可能性を下げていくことも十分可能です。

大人の方の予防プログラムはこちらをご覧ください  >>予防歯科

お子様の虫歯の予防法

フッ素塗布

お子様の虫歯を予防する方法に「フッ素」を使用する予防法があります。 フッ素には歯の表面のエナメル質を強化し、 虫歯の原因である酸によって歯が溶けるのを防ぎます。 また、酸で柔らかくなりかけているエナメル質を再び硬くする「再石灰化」の作用もありますので、虫歯予防にとても有効です。

シーラント

シーラント(樹脂)を使用して歯ブラシでは届かない奥歯の溝を塞ぐことで、お子様の虫歯になりやすい歯にあらかじめ予防処置を施します。これにより、事前に虫歯を回避することができます。

酒々井東デンタルクリニック

所在地

〒285-0923 千葉県印旛郡酒々井町東酒々井1丁目1-47
※無料駐車場あり
050-5264-5287

ご予約・お問合せ

診療時間

日祝
9:00~13:00
14:30~17:00
14:30~19:00

[火~金] 9:00~13:00/14:30~19:00  
[土] 9:00~13:00/14:30~17:00
月・日曜日、祝日は休診となります。 ※祝日週の振替診療あり