インプラント

インプラント治療とは?

インプラント治療のメリット&デメリット インプラント治療とは、歯を失ったところに顎の骨になじむ素材で作られた人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定する、従来の入れ歯やブリッジに代わる新しい治療法です。

歯が1本ない場合から全てない場合まで、インプラント治療は幅広い状況に対応することが可能です。
インプラント治療は入れ歯と異なり、顎の骨に歯根を直接埋め込むので入れ歯のようにズレたり浮いたりすることはありません。高齢の方もインプラントで噛む力を回復しています。
今回は、インプラント治療の流れや特徴について詳しくご説明します。

これからインプラント治療を受けられる方、またインプラントを検討中の方はぜひ参考にしてください。

インプラント治療のメリット&デメリット

インプラント治療のメリット&デメリット ✔ 元の歯の働きがよみがえり、ご自分の歯と変わらない感覚を取り戻します。
✔ コンプレックスを解消し、自信や積極性が回復します。
✔ 形・色ともに自分の歯と変わらず、自然で美しい見た目を取り戻します。
✔ 金具などの使用がなく削らない治療のため自分の歯の保護に繋がります。
✔ 付け外しの必要がなく自分の歯と同じように歯磨きすればいいため、お手入れが簡単です。
◇ 外科手術が必要となります。
◇ 審査の結果、インプラント治療を行うことのできない場合があります。
◇ 一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高いです。

従来の治療法とインプラント治療法との比較

                             
従来の治療法 インプラント治療
歯が1本抜けた場合

ブリッジの支台とするために、両隣りの歯を削ります。

顎の骨にインプラントを取り付けるため、歯を削る必要はありません。

奥歯が数本抜けた場合

金具に異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。

入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。

歯が全部抜けた場合

入れ歯が口の中で動いてしまい、噛みづらい・話しづらいなどの不便さを感じることがあります。

インプラントにより、人口の歯をしっかりと固定できるので、見た目も気にせず食事や会話を楽しむことができます。

インプラント治療の流れ

Step 1: 診断と治療計画

まずレントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。

Step 2: インプラント手術

歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定するまで、3~6ヶ月待ちます。

Step 3: インプラント二次手術

骨とインプラントが結合して安定したところでインプラントと歯冠の連結部分(アバットメント)を装着する二次手術を行います。

Step 4: 歯冠の装着

歯の型を取り、人工歯冠を製作したのちインプラント部分に装着し、インプラント治療は終了します。

インプラントQ&A

酒々井東デンタルクリニック

所在地

〒285-0923 千葉県印旛郡酒々井町東酒々井1丁目1-47
※無料駐車場あり
050-5264-5287

ご予約・お問合せ

診療時間

日祝
9:00~13:00
14:30~17:00
14:30~19:00

[火~金] 9:00~13:00/14:30~19:00  
[土] 9:00~13:00/14:30~17:00
月・日曜日、祝日は休診となります。 ※祝日週の振替診療あり